メモリッチの効果を引き出す使い方

 

メモリッチの基本的な使い方は、定期コースに付属されてきた『目もとのガイドブック』に詳しく記載されていました。

 

メモリッチ 使い方

 

まずは基本的な使い方からおさらいしていきましょう(*^^)b

 

メモリッチの正しい塗り方

クリームを乗せ、馴染ませる

メモリッチ 使い方 塗り方 馴染ませ方

 

イラストのようにまぶた・目の下・目尻の3点に乗せます。薬指を使って、円を描くように優しく塗りこみます。

 

メモリッチ 使う量

ちなみに使う量は米粒大。ざっくりだけどこれくらいの量です。

 

うるおいが足りない部分は

メモリッチ 使い方 塗り方 乗せ方

 

乾燥や小じわが気になる部分にはメモリッチを重ね塗り。特に

 

  • 目尻(表情じわが目立ちやすい)
  • まぶた(たるみが起こりやすい)
  • 目の下(クマができやすい)

 

といった目元悩みがある人は重ね塗りすることで効果UPが期待できますよ。

 

ツボ押しマッサージ

メモリッチ 使い方 塗り方 ツボ押し

 

メモリッチを塗ったら、せっかくなのでツボ押しも!ってことですね笑

 

イラストの部分にもある通り、目元にはツボがたくさんあります。血行が良くなると目元が明るくなるので試してみてくださいね。

 

ツボについて詳しくは当ページ下部↓でも解説しています(*^^)b

 

メモリッチをさらに効果的に塗る使用方法

メモリッチ 効果的な使い方

 

メモリッチは、そのまま使っててもある程度効果を実感できます。でも気を付けるべきポイントを押さえておけばもっと効果を実感できるようになりますよ!

 

化粧水と併用しよう

 

メモリッチのようなアイクリームは、油分が多く含まれています。そのため役割としては化粧水で浸透させたうるおいにフタをするというイメージ。

 

化粧水を使う場合の塗る順番
  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. メモリッチ
  6. 保湿クリーム

 

メモリッチはスキンケアの中でも順番は最後の方。目元にキチンを潤いを与えるとメイク崩れの予防にもなり、小じわもできにくくなりますよ!

 

塗るタイミングは朝・夜の2回

メモリッチ 使うタイミング 順番

 

目元は動きが大きい箇所。乾燥しがちなので、使うのは朝・夜の2回が効果的です。

 

朝のタイミング

基礎スキンケアの後、メイクの前に

夜のタイミング

シャワー後、基礎スキンケアの最後に

 

実際、メモリッチの先輩ユーザーが一番効果を実感できたのは朝・夜の1日2回使用だったそうですよ。

 

+αの効果!?マッサージとツボ押し

 

目元のツボは目尻・眉毛の周辺に集中してます。1日2〜3分のツボ押しで血行促進になり、目元のアンチエイジングになりますよ(*^^)b

 

代表的なツボをいくつかご紹介します。メモリッチを塗るついでにやってみてくださいね♪

 

攅竹(さんちく)

メモリッチ 使い方 ツボ 攅竹

■場所
眉毛の鼻側の端、大きく凹んだ部分にあるツボです。

 

■効能
目の周りの血行を促進。目尻の小じわや顔のくすみ、疲れ目に効果的。

 

■押し方
指の腹を使って3〜5秒、少し力を入れて押します。人差し指で押して、鼻をかむような手の形で押すと押しやすいです。

 

瞳子りょう(どうしりょう)

メモリッチ 使い方 ツボ 瞳子りょう

■場所
目尻から1cmほど外側、小さなくぼみにあるツボです。

 

■効能
目尻の小じわ、乾燥、肌荒れ、目の周りのたるみ解消など。

 

■押し方
人差し指の腹で、軽く押します。5秒押して離すのを3〜5回繰り返します。

 

四白(しはく)

メモリッチ 使い方 ツボ 四白

■場所
瞳の真下、くぼんでいる部分から1cmほど下がったところ。鼻の中央あたりの高さにあります。

 

■効能
頬の血行促進、顔の筋肉のリフトアップ、むくみ解消、目の下のたるみ解消、眼精疲労など。

 

■押し方
人差し指の腹で、やや上に向かって押すイメージ。5秒押して離す、を数回繰り返します。

 

球後(きゅうご)

メモリッチ 使い方 ツボ 球後

■場所
瞳のすぐ真下から目尻の間、中央辺りにあります。わずかにくぼんでいます。

 

■効能
目の周りの血液の流れを正し、むくみやたるみ、目元のしわ解消に効果的。

 

■押し方
人差し指の腹で、目尻に向かって左右に小さく動かすように押します。目に近い位置なので軽く押してください。

 

▼返金保証つき・公式通販▼

メモリッチ 使い方 ボタン1

 

 

>> 【写真付き口コミ】メモリッチの効果|クマに1ヶ月塗ってみた  TOP